直進安定性が異常に悪いなと思ったら、釘が!
途中まで引っ張り出したところ。




こんなに長いのが刺さっていたとは!




いつも積んでいるパンク修理キットで補修。
以前、パンク修理を見る機会があったので、やり方は知っていた。




試験のために、数十キロを走った。
丘陵地帯が綺麗だったので、思わずパチリ。
どうやら空気漏れも無く、上手く行ったようだ。




何を血迷ったか、かみさんの同級生が免許を取って、新車に跨ってハウスに来た。
不惑も半ばにして凄いパワーだ。




まだ1年しか使っていなかったのに、携帯の電池が怪しくなって来たために、新車を購入。
aser、コスパが良くて好きだったのに、どうやら新型を出さないようで残念。

最近は日本メーカーの携帯には期待を裏切られてばかりだった。
中華の軍門には下りたくなかったんだけど、手にしてみたら「これは日本やべ〜ぞ」と思った。
カッチリ作ってるじゃないの。
高級感まで漂い、サクサク動くし、難癖つける所が無い。
コスパも最高だ。
データが抜かれてるかも知れないけど、それはグーグルだって、アップルだって同じ事。

日本のメーカーも巻き返して欲しいもんだ…







スポンサーサイト
2017.08.05 / Top↑


選別小屋には断熱材が入っていないため、小屋裏が熱気でムンムンになる。
遮熱シートなる物を購入して、屋根全体に展開してみたところ、効果はあったのに強い風が吹くと、簡単に裂けてしまった。

こりゃ駄目だと、簡易ペンキを塗る事に。
石灰+木工用ボンド+水で3ヶ月ぐらいは持つ。
安上がりな資材で効果は抜群。
デメリットは屋根に上がるのが若干危険な事。
それと雨の時、下に停めた車が少しずつ汚れる事。




んで、汚れ対策のため雨樋を取り付ける事にした。
ホムセンに売ってる樋の保持金具では我が小屋に合わないため、下駄を切り出す。




下駄に保持金具を取り付ける。




勾配を付けた水糸を張って、それに合わせて保持具をビス留め。




樋は保持具に乗せて挟むだけ。
ジョイントも部品を噛ませるだけの簡単施工。




漱石さんが登場するまでもなく、取り付け完了。
後日、下駄にペンキを塗って防水加工とした。




去る七夕の日、札幌駅からリーマン時代の先輩2名がツーリングに訪れた。
仕事を早目に切り上げて、隣町で迎え撃つ。

お中元を送り合う仲なので、毎年電話では話すけど会うのは14年ぶり。

話が尽きず、夜の10時頃まで盛り上がる。
次は札幌でと約束し、別れた。





就農してから、取っ替え引っ替えしながら履き続けている VANSPIRIT のモックシューズ。
履き心地が良いし蒸れないので、夏場には最適。
毎日距離を歩くので、2年ほどでボロになる。
今時はネットで安売りしているので助かってる。







2017.08.05 / Top↑

えんつご屋、生きております。

仕事に忙殺され、暑さにやられ、ブログに気持ちが向かない日々。
本日、少し余裕が出来たので久方ぶりの更新おば。




実は物欲はあの後も続いていて、と言うか、必要に迫られて約10年ぶりに刈払機を更新。
この辺の農具屋から買うより漱石さんが1人〜2人少なくて済むという事に驚く。




近所の草刈り名人から「やっぱり良い機械を買わねばだめだ」と忠告を受けたので、ゼノアを購入。
しかも、普通、農業、山仕様の中から選択した山仕様。
農業用より上を行く価格。

いざ出陣!
今まで使っていたホムセン仕様のフォースト機は何だったんだと思うぐらいパワフルかつ、軽く仕事が進む。
やっぱり名人の言う事は本当だったんだ。




疲れても、イライラしていても、猫達には癒やされるもので。
朝早くに枕元のコップをひっくり返されて、ベッドがベチャベチャになったけど、それでも飼って良かったと思えるめんこい奴ら。




去年も今年もツバメは一度だけの産卵にとどまった。
あまりしつこく観察せずに、この一枚だけ。
ツバメが居なくなると、静かで寂しい。




いちご屋の生命線、灌水装置。
だましだまし15年も使っていた第1号機が不穏な動きをするようになったため、漱石さん10人にお集まりいただいて、思いきって購入。

やはり水の事が安心できないとね…
配線だって自分で出来るし!
痛くなんかないやい!








2017.08.05 / Top↑

作業用のタイメックスが傷んで来た。
まだ、ベルトが切れそうとか、電池が無くなりそうって感じではないけど予備が無いと嫌な性格なもので、次なる物を物色。

これがなかなか気に入った物が無くて、数日ネットをさまよう。
ガシガシ使えて、水に強くて薄い方が良い。
農家としては気圧計なんかが付いていたら尚良し。

ダメ元でプロトレックを検索してみたら、嘘みたいな値段(13.6漱石)で売ってる。
しかも、今使ってるタイメックスよりも薄いじゃないの!
「残り4つ」という表示に背中を押されてポチッとな。




来た来た密林。
無駄にでかい箱にin。
おっ、本物のプロトレックっぽいぞ。




分厚い説明書が入っていたけど、英語もチャイナもアラビアの言葉も分かりません😹
(逆輸入品)

バッタ品じゃないのかと疑っていたけど、本物みたいで良かった。




チャッピーもチェックに来た😸




うげっ!
知ってはいたけど、逆液晶は暗い。
晴天下や、蛍光灯の下では良かったりするんだけど。
これが安さの秘密なのかな?
カシオのホームページから説明書を携帯にダウンロードして、じっくり読み進める。
どうやら表示を明るくするモードは無いようだ。
薄暗い時に時計を見る角度に腕を傾げるとバックライトが光るモードがあったので、それにしてみた。

コンパス、温度計、気圧計、高度計等が付いているので楽しめそうだ😸






もうひとつ。
近場を乗る時にはベルクロもプロテクションも無い薄いグローブが欲しかった。
ネットをさまよい、ディアスキンを初めて知って一目惚れ。
革なのに水に強いんだ。
値段もそこそこだし、ポチッとな!




日本とは比較にならない品質。
分かってるよ。
うるさい事は言わないよ。




タグをホチキスで留めるなよなぁ。
いや、分かってるよ。
USAだもんな。
質実剛健だよな。




縫製も荒いところがあるけどね、触ってはめてみて分かる気持良さ。
これは良い物だ。
ディアスキンにハマりそう。
ポチッて良かった😄







2017.05.30 / Top↑

シトシトどんより天気がようやく明けたある日、補助ミラーの効果を確認すべく3時間程走ってみた。




しかーし、伏せた時の後方視界がイマイチだった。
体が映り込むため、体を捻らないとならない。
ミラーのなるべく上の部分や、思いきって下側に取り付けたりしたけど、駄目。

ダメ元でグリップエンドに取り付けてみるとこれがなかなか良かった。
でも、さすがにグリップエンドに付けると、手が触って邪魔になってしまう。




そこで、グリップエンドに何か延長できる物を付けたらどうかと考えた。
当初はL型のステーはどうだろうと思ったけど、閃いた。
キャップが良いんじゃないか?🌟
マジックのキャップが良いんじゃないかと目論んでいたんだけど、グリップエンドは凄いトルクで締まっているんで、共締めすると簡単に割れるだろうと思った。
そこで、柔らかいガスボンベのキャップを使う事にした。




これがピッタリ。
滑るので、ゴム板を噛ませてる。
乗ってみると、純正ミラーより後方視界が良く見えるではないか。
その後、左側に取り付けるとバイクの取り回しの時に触ってしまう事が判明したので右側に取り付け直した。




純正ミラーと死角防止の補助ミラーと後方視界用の補助ミラー。
ゴチャゴチャ感があるので、死角防止ミラーを外そうかなと思ってるんだけど、慣れてしまうとなかなか良いんだよね〜。







2017.05.24 / Top↑