朝からあまりに天気が良かった。
昨日で作業も一段落したため、かみさんにツー宣言して、朝食後に走り出す。



20180602094445031.jpeg

ところが、なんと言う事でしょう。
峠を超えると、霧が立ち込めていた。
カッパも持参しなかったので、霧雨が降るような事があったら引き返そう。
この霧は多分、内浦湾沿いに広がっているだけだと思った。



20180602094512d4d.jpeg

想像通り、内陸に入ると霧は晴れ、ピーカンの天気になる。
渡島半島の付け根にあたる狭い部分を北上して寿都に出た。



20180602094542f1f.jpeg

途中の道の駅等で小休止しながら岩内へ。
岩内から、ニセコ方面に抜ける『パノラマライン』を走りたかった。
残雪が残る初夏の景色はとても綺麗だった。



20180602094605165.jpeg

ニセコ岩内国際スキー場をバックにパチリ。



201806020946336f5.jpeg

いよいよパノラマライン。
安全第一。 気持ちの良いペースを心がけて走る。



201806020947044be.jpeg

途中、途中、写真を撮りながら。



20180602094725d31.jpeg

眼下に日本海が見えた。
頂上付近にある神仙沼のパーキングでライダー4人としばし歓談した。



201806020947483ea.jpeg

その後、ニセコ側へ下る。



201806020948156e3.jpeg

チセヌプリ? をバックに。



201806020948339ed.jpeg

簡易サイドブレーキを付けているから、坂道でも安心(^^)



201806020948528e5.jpeg

昆布方面を見下ろす絶景。
ソロツーリングは好きな場所で止まれるのが良い。



201806020949139c9.jpeg

峠を降りて、畑作地帯の町道を走る。
見た事が無い景色からの羊蹄山。
いつ見ても綺麗な山容だ。



20180602094941f63.jpeg

その後、黒松内で給油。
島牧村へ抜ける月越峠を走る。
熊笹に覆われた山頂にタケノコ採りで入って迷子になる人続出なのだとか。
看板があちこちに立っていた。
所々シェルターがある。
って事は、冬は猛吹雪に見舞われるのだろう。
冬季間は絶対走りたくない道。



201806020950047ff.jpeg

日本海側に出た。
遠くに狩場山が見えた。



2018060210480305f.jpeg

日本一海面から高い場所にあるらしい、モッタ岬灯台。
国道からすぐ近くにあると思いきや、細い簡易舗装を数キロ走る。
熊が出てきたらアウトだなとビビッて、ホーンを鳴らしながら走る。
バーグマンと灯台と日本海が写せるかと思いきや、海なんて見え~ず。
来なきゃ良かった(^^)



2018060209504344c.jpeg

日本海沿いを南下し、瀬棚の手前。
三本杉岩の向こうは海霧で覆われていた。



2018060209505733c.jpeg

多少、霧に覆われて視界不良の箇所もあったけど、内陸に入ると晴れていた。
大成区に入ると、遅咲きの桜並木が綺麗だった。

その後、4時半頃に無事到着。
10時間、400kmのツーリングだった。

満足満足。







スポンサーサイト
2018.06.02 / Top↑

7月とか、9月とか噂ばかりだったけど、ついに1月末からの販売が決まったようだ。

ずっとチェックしてたんだけど、なかなか出ないからここ数週間ネットをさまよってなかったら、最近発表したらしい。
北海道はもう冬だよ〜( `д´)

えっ?
何が?













これなんすよ、これ。
XMAX 250。

ABSなんて必要か?
諸経費込みで70ぐらいになるのか?
タケ〜なぁ〜
カブを下取りに出していっちゃおうか。
スクーターの二台体制なんてアホか?
この後、新型ジムニーが出たらどうすんだ?
etc、、、etc.

けど、目標が無きゃ頑張れないでしょ?
一度きりの人生、頑張った分は楽しまなきゃ。
なんてね(^^)








2017.11.02 / Top↑

またもや間があいてしまった😹
休みが無いなりに、出荷作業が終わってから息子とツーリング。

『北を目指そうツー』と名打って昼からどこまで行けるか、日本海側をひた走る。




太田神社に立ち寄って、無事を祈る。




瀬棚町の「窓岩」。
日没までに帰るべく、ここから更に小1時間ほど北に走った島牧村で引き返した。




帰り際、瀬棚町の高台に登ってパチリ。
相変わらず人が居ない😸

暗くなる前に帰宅し、洗車して終了。
6時間、260km。
8/19 の事だった。






ツーリングに間に合わなかったけど、バーグマン用にやっと工具を揃えた。
KTCのバイクツールを前から狙っていたんだけど、なかなか手が出せずにいた物。
ヘソクリが貯まったので😸




これにタイラップやカッター等を追加して積み込んだ。






2度目の親子ツー。
今度は距離を稼ぐツーではなく、ワインディングを楽しもうとした。

まずはきじひき高原へ。
春に悪友と登った時よりは空気が澄んでなかったけど、大野平野の向うに函館山が見えた。




東の方角を見ると、駒ケ岳と大沼。
気持ち良い〜!




その後、きじひき高原を下って七飯の街を抜け、初めて城岱スカイラインを走る。
序盤のUターンコーナーが凄く気持ち良かった。
きじひき高原の方が見晴らしは上か?と思ったけど、ライダーのオジサン達との会話も楽しく、良い印象の道だった。
この後、高原を下って大沼湖畔の団子を買い、駒ケ岳の裾野をグルッと回って帰宅した。

6時間、230km。
8/27 の事だった。

やっぱりバイクは良い😸







2017.09.10 / Top↑

シトシトどんより天気がようやく明けたある日、補助ミラーの効果を確認すべく3時間程走ってみた。




しかーし、伏せた時の後方視界がイマイチだった。
体が映り込むため、体を捻らないとならない。
ミラーのなるべく上の部分や、思いきって下側に取り付けたりしたけど、駄目。

ダメ元でグリップエンドに取り付けてみるとこれがなかなか良かった。
でも、さすがにグリップエンドに付けると、手が触って邪魔になってしまう。




そこで、グリップエンドに何か延長できる物を付けたらどうかと考えた。
当初はL型のステーはどうだろうと思ったけど、閃いた。
キャップが良いんじゃないか?🌟
マジックのキャップが良いんじゃないかと目論んでいたんだけど、グリップエンドは凄いトルクで締まっているんで、共締めすると簡単に割れるだろうと思った。
そこで、柔らかいガスボンベのキャップを使う事にした。




これがピッタリ。
滑るので、ゴム板を噛ませてる。
乗ってみると、純正ミラーより後方視界が良く見えるではないか。
その後、左側に取り付けるとバイクの取り回しの時に触ってしまう事が判明したので右側に取り付け直した。




純正ミラーと死角防止の補助ミラーと後方視界用の補助ミラー。
ゴチャゴチャ感があるので、死角防止ミラーを外そうかなと思ってるんだけど、慣れてしまうとなかなか良いんだよね〜。







2017.05.24 / Top↑

先日のロングツーリングで不便を感じた事。

・バックミラーの死角を減らしたい。
・スクリーンに伏せた時にも後方を見たい。

って事で「補助バックミラー」でネットをさまよったら、不満を感じてる方達は居る様子で、みなさん色々と工夫されている。




その中で一番気になった物がこれ。
丸みを帯びていてバーグマンに合いそうと思った。

Made in China。
なんと送料込み240円。
普通郵便で送られてくるので、10日ぐらい掛かるとか。
そして、発送番号も無いため、今どこに居るのか分からないという不安が付きまとう😸

ま、この値段なら騙されても良いかと思って、2つ発注。
1週間で無事に届いた。
送料だけで赤になりそう。
信じられない安さだ😱

同様の品を日本の小売店で購入すると、漱石さんが一人以上追加で出て行く模様。




工具は不要。
ベルトタイプのゴムバンドで締める仕様。
ステーに付けるなら、ゴムを巻くとかの細工が必要だけど、バーグマンのミラーは太い所があるので、凄く楽に付いた。

右側は斜め後ろの死角が見える角度で。




左側はスクリーンに伏せた時に、後方視界が見える角度で取り付けた。

バーグマンは肩から下は風が当たらないんだけど、頭には結構な風が当たる。
(座高が高いせいも多分にある😹)

風の角度と風量によってはかなり頭が揺すられるので、スクリーンに伏せたりする。
その時に後方視界が把握出来ないのが不安だった。

この補助ミラーのおかけで、更に快適ツーが出来ると思われる。


雨続きなんで、確認できないけどね😣







2017.05.14 / Top↑