例年よりも一ヶ月早くハウスへ入れたミツバチ。
ちゃんと飛んでくれるのか、とても不安だったけれど、太陽は日増しに高度を上げているようで、雲間から陽が差し込むとハウス内はアッと言う間に気温が上がる。
吹雪き模様の本日でも適度に陽が差し、これといった温度管理をしなくてもハウス内は15℃~25℃の適温となった。
ミツバチはハウス内にも随分慣れた様子で、葉っぱの縁から出る水を吸ったりしている。
もうそろそろ花を見つけるヤツも居るだろうと、カメラを片手にウロウロしていたら、居た居た!




















花に止まってクルクルっと周り、蜜を吸う。
その時に体に付いた花粉が雌しべにくっ付き受粉するって寸法。
赤い矢印は訪花後に飛び立つミツバチ。

いゃー良かった良かった。
到着後2、3日で訪花してくれるとはありがたい。
一週間はかかると思っていたから、一安心。





今日は息子のバースデー(2000年生まれ)。
また、かみさんが大きなヤツを作った。
ビターなチョコケーキ、美味し。
それを飾るイチゴも、なかなかおいしかった。





そして夜、なにげにネットサーフィンしていると好きなバイクの写真を見つけてしまった。
ううっ、バイクのくせにGPSまで付いていて、タンクもでかくて、こんなんでツーリングできたら幸せだろうなぁ。
欲しいよぉ!!!

スポンサーサイト
2008.02.28 / Top↑


これ以上花を取り除くのはもったいないと我慢できずに花上げを開始。
良い花が咲きました。

でも、不安もいっぱい。
天気が良ければすぐ30℃を越えるけれど、曇天では10℃程度のハウス内気温。
ミツバチは25℃ぐらいで盛んに動き出すので受粉がうまくいくのは、これからの天気にかかっている。
(ミツバチは今、鹿児島から郵パックで移動中)

どうか穏やかな天気が続きますように。
2008.02.23 / Top↑


昨日、子供達の学校のスキー授業で大きなスキー場に行ってきました。
“引率”という名目で自分も付き合い、リフト券も昼食も無料(ラッキー)。

この地は結構な積雪だったのに、スキー場はほとんど降雪がなくて、ガリガリでした。
新しい板の練習になるとはりきっていたのに残念無念。
時間もあまりなくて、もくもくと滑るだけのスキーだったので子供達も欲求不満気味。

帰宅後・・・疲れたけれど、本日のジュニア検定試験に向けて、ホームゲレンデでのナイターに望むべく、重い体をひきずるように出かけました。
子供達は大はしゃぎ。




練習の成果か本日、娘は2級。




息子は3級に合格。


ジュニア検定って、決められた本数のポールを時間内で滑れれば合格なので、割と簡単。
でも、スキーの内容はどうかと言うと、まだまだですなぁ。
とても級に値したものではな無いという印象。


子供達に付き合ってみて、カービングスキーという板の特徴が少しずつ体で理解できるようになってきました。
昔の板なら10年かかって習得する技術をこの板なら、ちゃんとした指導者に付けば3日で覚えることができると言われるのもなんとなく分かるような気がしたり。

カービングは得意分野が細分化されているけど、自分の購入した板は
“ウエストが広くサイドカーブがゆるい724シリーズの中で全体に最も幅広く新雪、深雪では浮力が強く雪質を選ばずにオールマウンテンスキーとして活躍してくれ、ゲレンデやコブ斜面でも楽に滑る事が出来ます”
との事。

スキー授業の時にはカービングを意識できず、チグハグな滑りのため、今までの自分よりヘタッピになった気分だったけれど、昨日のホームゲレンデはパウダーの新雪が10cmぐらい。
一人も滑っている人間が居なくて、正に独り占め状態。
ニセコのリフト直下で大転倒して以来、新雪が苦手だった自分でもカービングの板を履くと滑りが二階級特進だからビックリ。
自分の滑った跡が美しい!
小回りも大回りも自由自在(ちょっと大袈裟)。

ああ、やっぱり板の力って大きいんだと実感。
こりゃ面白いや!!

(筋肉痛で苦しんでいるのは内緒)
2008.02.16 / Top↑


皆様、ごぶさたです。

いやぁ~きつい一週間でした。
何がきついって、寝不足なんですよ。
なにが寝不足かって、オークションにつきっつりで、やっきになったり、がっかりしたり、深呼吸して現実に返ったり。

子供達のスキーに付き合っているうちに、同級生の親とスキー熱が盛り上がり、超行動派の彼は新品のアトミックを手に入れたのですよ。

方や自分は20年物のロシニ君。
今時、195cmの板を履いているヤツなんて珍しい。
イリオモテヤマネコ? ヤンバルクイナ? って感じですよ。
オークションで“これは良い”と思ったロシニ君の板を落とし損ねて、いじけていたところ偶然にフォルクルの板を目にして一目惚れ。

ケバケバしいデザインの多い板の中で男臭いオイニーがプンプン。
こいつを履きたいと思いつつ二度もオークションで落とし損ねて、“アニキィ、俺ってセンスが無いよ”と思って引きこもり気味にサーフィンしていると、新宿の専門ショップを見つけました。

かくなるうえは新品でも良いと思いメールを送って、欲しい型番とサイズを言うと、「在庫切れ」とのつれない返事。
「HPを修正していなかった」だって。
テキストでチマチマやっていても埒があかないって事で電話すると、良い提案があって、しかもネット価格よりもさらに値引いてくれ感謝感激。
電話して良かった~。

ホントに欲しかった板は最上級者用って感じだったので、それより少しグレードの落ちる板が自分の腕を引き上げてくれるのには丁度良かったのかも知れない。
こやつで腕を(足を)磨いて、次にはもっとすごいのを狙おうゾ!
オ~ッ!!





2008.02.09 / Top↑


イチゴの管理をしていると、視界に変な色が。
面白いもので、緑色以外のものが視界に入ると、「おやっ?」と反応してしまう。
先輩農家が、「株元に居るミツバチをチラッと見て、灰カビ病の果実だと思い手を伸ばして刺された経験がある」といったのを聞き、“ウソだー”と思っていたら、自分も手を伸ばして危ない目にあった事が何度もある。




去年の秋に入れた土に菌糸が入っていたのだろう。
同じ場所の株元からきのこが生えてくる。




中にはマルチの陰から腰を曲げて伸びてくる。
まるで傘の部分に目でも付いているんじゃないかと思うぐらい、陽射しを浴びると真っ直ぐに伸びている。
可愛い姿だけど、見つけ次第に引っこ抜いてポイ。




エンツゴはゆっくりながらも順調に生育している。

次々に花を上げるので、とるのがもったいない。
身を肥大させるには温度が必要。
冬場に日照の少ないこの地では冬の収穫はきついと分かっていたため、この時期は株をじっくり育てたいと思っているところ。

今月末には花を上げられるかな?
早く春が来ないかな。
2008.02.03 / Top↑