イチゴの出荷を終了し、刈り取り開始。




この時期には珍しく、穏やかな日が続いてくれる。
トラクターに乗っていたら、トンボが太股に。




嬉しい事に、お客様から『今年もありがとう』のメッセージと共にケーキが届いた。
宅急便で送られて来たため、少し崩れているけど美味しかった~⤴




別のお客様からは、チョコレートの詰め合わせが。
これまた上品な味で美味い!




用事を足しに函館まで行ったついでにスバルへ。
「冷やかしだよ」と宣言してXVのカタログをもらってきた。




やっぱりスバルは良いね~✴
次はアイサイトだな。




来年も豊作だったら考えよう(^^)






スポンサーサイト
2015.11.23 / Top↑
発注からおおよそ一ヶ月。
ドイツから輸入してんじゃないのか?
と思ったけど、日本での受注生産なんだと。
ネットでは一週間程度の待ちなんだよなぁ・・・

おいおい、いつになったら届くんだよと店長にラインを入れてしまった。
まぁ、柔らかくだけど。



14474822700.jpeg

それで、本日やっと取り付け。
うっひょ~!
かっちょええ!



14474822990.jpeg

分かっていたけど、いっぱいいっぱいのサイズ。
ネットで見て知っていたけど、シートベルトを引き出すのにショルダー部の突起が邪魔だと感じる。



14474823380.jpeg

外からでも RECARO の白い文字が目立つ(^^)

んで、座った感想は、
1.ありゃ!  純正よりポジションが高いぞ!
2.脇をサポートしてくれるので、姿勢が良いままコーナーを走れる。
  (今までシートの上で、いかにフラフラしていたかを思い知らされる)
3.サスを替えたか? と思うぐらい車の挙動をダイレクトに感じる。
4.走り出すと、なぜか車速が遅く感じる。
  (これは20kmぐらい走って慣れてきた)



14474823580.jpeg

肩部分のレバーを捻ると背もたれが前にパタン。




まあ、そんな事は良いんだけど、ポジションが高いのが気に入らない。
メカニックに「一番低く取り付けて」と頼んだんだけど、シート左側のステーが邪魔してこれ以上下げられないとの事。
ステーをちょん切ると安全基準に引っ掛かるとかなんとか。
ディラーがやってはいけないって事なんだろうね。

帰宅するまで走ってみるけど、やっぱり気に入らない。
雨が降るらしいから、その前にやってしまえ!



14474823830.jpeg

これは右後の絵。
左後ろのステーの先を切らねば、これ以上低くならないのだ。
道具はある。
やってやろうじゃないの!



14474824080.jpeg

ボルトを外してシートを持ち上げようとしたら、やべっ!
シートベルトロックを外さなきゃだめだった。
にゃろめ! 
共周りするため、モンキーも使ってなんとか外す。



あら。
その後の写真を撮り忘れてるし。

大きな段ボールを広げて、
そこにシートを倒して、
小さなダンボールをマスキング代わりにしてサンダー!!!

左リアのステーをカットした勢いで左フロントもカット!
なぜかフロントの方が時間がかかる。
こげ臭い。
ん?
ありゃりゃ、段ボールから煙が。
そりゃ、火花飛びまくりだもんな。
焦げた段ボール部分をカッターで切り落として、ベニアでカバーとか、いつものドタバタ。



14474824270.jpeg

すったもんだを*5ぐらい繰り返して、汗をかいてやっと取り付け。
こんなのね、理屈が分かったら、自分で簡単に出来るわ。
ただ、一回やってみないと分からないコツがあるだけ。

結論。
左フロントは切らない方が良かった。
体型にもよるけど、シートは少しフロント上がりの方が太もも下をサポートしてくれる。
その方が荷重を分散してくれるため、腰の負担が軽くなる。

純正シートとはこんなにも大きさが違う。
肩までサポートしてくれるので、包まれてる感が凄い。



14474824640.jpeg

シートポジションを色々調整した後のベストポジションはこんな感じ。
かなりシートが立っている。

このシートに慣れたら、他の車に乗れなくなるなぁ(^^)
アウトバックにも付けたいもんだ。






2015.11.14 / Top↑

昨日は曇天だったので、今日は収穫量が無いと判断して休みにした。
寒気が去って、朝からピーカン。
そして温かく感じる。
これは行かねばなるまい。
ショートツーへ!!



14465406740.jpeg

プロテクター(背中、肩、ひじを守る上半身用と、膝は農業用)を身に付けた。



14465485980.jpeg

若かりし頃に秀岳荘で買った登山用の毛糸の靴下は、どんな靴下より温かい。



14465407350.jpeg

そして、15年前に買ったユニクロのこのウエアが無駄に暑い。
暑すぎるため、普段使いには適さなかったので、タンスの肥やしになっていた。
これを 上下で着込んだ。



14465397780.jpeg

まずはいつもの農道を通って。



14465398250.jpeg

角度を変えてもう一枚。
あったかいど~!



14465398710.jpeg

日本海から内浦湾に向かう峠の手前。
カラマツが紅葉して綺麗だったんだけど、エクスペリアは分かってくれない。
もっと黄色が立ってたじゃん!



14465399010.jpeg

この真っ直ぐな部分が好きなんだよなぁ。



14465399350.jpeg

峠を降りて途中にある橋にて。
休日なのに車の通りがほとんどない。
田舎って素敵だ(^^)



14465399680.jpeg

居るだろうと思って橋の下を見ると、いたいた。
鮭が産卵しようかな~って感じのところだった。



14465399970.jpeg

屏風岩。
って名前は付いてるかどうか知らないけど。



14465401430.jpeg

峠を越えて、八雲町の牧場地帯をさまよう。



14465402020.jpeg

走りたかった農道天国。



14465402320.jpeg

おっ、あの山は毎日見ている山だな。
その反対側に居るって事だ。



14465402570.jpeg

エクスペリア君、もっと紅葉の赤が鮮やかだったじゃない!



14465402900.jpeg

山の形と太陽の方向で大体の場所は分かるけど、正確な場所を知りたければグーグルに聞けばいい。
なんて楽な世の中なんだ。



14465403600.jpeg

車にも人にもほとんど会わない。
たまにトラクターが走っている程度。

牛糞臭いけど、牧草地帯なんで遮るものが無く、見晴らしが良くて走り易い。
サイコー!!



この後、街へ出て作業用品を買い、ラーメンを食べて帰路につく。



14465403960.jpeg

標高の高い峠は日陰が危険かも知れないので、遠回りした。



14465404170.jpeg

標高の低い峠を越えて、平坦になったところでバイクを停めた。



14465404470.jpeg

この直線がまたなんとも。



14465404700.jpeg

そして、日本海側へ出る。



14465404900.jpeg

波も無く



14465405050.jpeg

海が綺麗だった。



14465405390.jpeg

でも、ガソリンがエンプティーを指してる事に気付いた。
距離的には大丈夫だろうけど、長いトンネルの中でガス欠なんてシャレにならない。



14465405590.jpeg

ガソリンが古くなる前に使っちゃえという考えも働いて、予備ボトルを初めて使った。



14465406460.jpeg

800cc ぐらいだろうか。
メーターも少し動いたので、安心できた。
持っていて良かった。

今年のツーリングはこれが最後かなと思いながら、バイクを洗った。







2015.11.03 / Top↑

なんだか最近は家に帰ってきたら、やる気無し男君で・・・



14465445190.jpeg

10/17 の事じゃった~
母の一周忌に出席するため、三笠へ向かう。
峠は紅葉が始まっていて山が綺麗だった。



ジイ様が到着を待っていると思い、高速を使った。
ジムニーではなるべく高速を使いたくないんだけどね。
途中、札幌に寄る予定があったので、壮瞥インターで高速を降りる。

長いトンネルを抜けて、洞爺湖湖畔に出ると、そこは霧の中だった。
カルデラの斜面を登っていくと、パカーンと青空が広がって、雲海から中島が顔を出す絶景が!



14465445600.jpeg

娘を立たせてパチリ。
こんな洞爺は見た事が無い。
娘とハイテンションになった。



14465446020.jpeg

私めも。
けどね、アングルが・・・
もっと雲海をメインに撮ってよ~



14465446490.jpeg

洞爺と羊蹄はすぐそば。
山頂には雪があった。
おお、羊蹄。
なんと美しい山よ(^^)

赤ん坊の頃から羊蹄を教え込んでいただからなのか、娘が助手席の窓を開けてバシバシ写真を撮っていた。



14465446750.jpeg

札幌で用事を済ませて、若かりし頃に通った洋食店へ。
なんでも美味い。
中でも、ハンバーグとカニクリームコロッケ定食が良いんだなぁ!!
タクシーがよく停まっていて、どの時間でもお客さんが代わる代わる入って来る店。
この店を知ってからもう20年以上経つけど、この日もそんな状態だった。
マスターの背中が丸くなって来たけど、若夫婦の雰囲気がこれまたすごく良い。
食の道に進む娘にぜひとも食べて知って欲しかった店。



14465447120.jpeg

そして、北海道で秋が深まった頃の好天時は、雪虫だよね~
ジムニーは凄い事になっていた。
時々停まって、塗れ雑巾でフロントガラスを拭かねばならなかった。


バアさんが導いてくれたのか、往復天気が良くて、暑いぐらいだった。
ミスは色々あったけど、親族が久しぶりに集まって楽しいひと時を過ごせた。








2015.11.03 / Top↑