床下収納の大きいバーグマン。
当初、キャリアは考えていなかった。
でも、床下収納を開けるにはキー操作が必要なのが玉に瑕。
いちいちエンジンを切らなきゃならない。

この手のスクーターにはキャリアは似合わないような気がしないでもないのと、3kg制限の(なんだそれ?って)キャリアしか目に付かなかった事もあって要らないやと思っていた。

だがしかし、一漱石程度で15kg対応、タンデムグリップ外さなくて可の願ったり叶ったりキャリアが出て来たため、無くなる前にポチッとな。

それを先日、やっと取り付けた。




リアカウルを取り外してステー用の穴を開けなきゃならないんだけど、外し方が分からず、えらく難儀した。




こんな所がネジ止めされているとは。
テールランプ下の薄いカウルをずらさないと(このカウルも外し方は分から〜ず)アクセス出来ない構造。
危なく割るところだった。

タンデムグリップも外して作業を進めた。




穴を開けるためのガイドの紙が入ってるので、切り取ってカウルに貼る。
22mmの穴が欲しいんだけど、都合の良いドリルは無いため、18mmの木工用ドリルでドリドリ。
その後は、紙ヤスリをドリルに巻き付けて穴を広げた。
(一部カウルに傷を付けてしまった😹)




ううっ!
傷が目立つカウルを元に戻す。




タンデムグリップの前側のネジを軽く締める。
後ろのネジはステーを立ててキャリアを乗せてから付属のネジで締める。
穴を開けた部分にもステーを立ててキャリアの上からネジ止めし、全体のネジを増し締めしたら完了。
傷は見えなくなった😸




箱を付けないとべローンとした印象だ😣
箱はまだ買うてまへん。
SHADの40リッターを狙ってるところ。




翌日、息子を連れて『日本一危険な神社』へ参拝ツーリングをして来た。
昼飯は海沿いのキャンプ場で湯を沸かしてカップ&おにぎりをば。
外で食べる飯のなんと美味い事よ。

8℃の気温だったけど、着込んでいたし陽が出ていたため、震えるまででもなかった。
160kmの楽しいツーリングだった。








スポンサーサイト
2017.03.28 / Top↑


空調パネル下のスペース。
ここにサングラスを入れていたんだけど、どうも取り出し辛い。




それで、こんな物を買ってみたんだけど、前傾すると頭に当たるし、微妙に視界に入る。
(座高が低かったらなぁ…)

かくなる上は自作するか…





加工しやすいのでバルサ材を使った。
ざっくり切り出して、ヤスリで削る。
材の厚みを考慮してないため、一部不具合が…




直方体じゃないので、苦心して形にした。
テープで仮組みして、エスクードに乗り込む。




いざハメてみると、小指が入る程度の隙間があるじゃないの!
なんてこったい。
また材の厚みを考慮してね〜し。




作業場に帰って、材を削って仮組みして、二度目はピッタリハマったので、糊付け。
輪ゴムやクランプを使って翌日まで固定。
重しにウオッシャー液の入ったボトルを乗せた。




この地のホムセンにはカーボンシートなんて洒落た品は無かったので、黒いテープを貼り付けた。
(見た目と強度を稼ぐため)




メガネケースは100均の物。
これはお値段以上だと思う。
残りひとつだった。
ラッキー!
それをプレートで挟んでトレイに固定した。
(プレートやネジ類は作業場にある物で)




こんな感じに仕上がる。
外身だけテーピング。
良いの良いの。
見えないから。




エスクードにハメてみたら、トレイはほぼ見えず。
メガネケースしか見えない。




ほら、これなら片手で取り出す事もしまう事も出来る。
良し良し。
自己満足😸

でもね、シフトをパーキングに入れた時に、指がメガネケースに触れるんだよね。
もう少し奥に設置しても良かったかな。

うむむ…
面倒くせ〜!

多分このまま🙌








2017.03.26 / Top↑
14898271600.jpeg

ハウスをかみさんに任せ、春休みの子供達を引き連れて帰郷した。
エスクードと羊蹄の初顔合わせ。
相変わらず雄大で綺麗な山容。
惚れ惚れする。



14898272080.jpeg

ジジを連れて、温泉宿へ。
温泉も料理も良い。
平日の夕方なのに駐車場は満杯だった。

夕食後、部屋でWBCを観戦してジジと大いに盛り上がった。
夕食前、就寝前、朝食前と三回も温泉に入って満足満足。



14898272330.jpeg

ジジと別れて、昼飯は札幌にも出店した『いきなりステーキ』で。
ずっと食べたかったこの厚切りステーキ。
並んでいる最中から嫌でもテンションが上った。
肉との戦いだ。
安い肉を使ってるとか、サーロインはパサついているとかって書き込みもあるけど、美味いじゃないか。
「肉を喰らってる」って満足感でいっぱいだった。
また行くぞ!



14898272570.jpeg

昼食後、娘はJRで自分の部屋へ帰宅。
自分と息子は札幌のホテルに入った後、札幌ドームへ。
この姿を見るとテンションが上がる~



14898273350.jpeg

写真中央の青い帽子が息子。
見えないか (^^)
ベンチの上の辺りなんでファールボールがバンバン飛んで来る。



14898272950.jpeg

おお!
生・大谷だ!
SSシートでも距離があって小さい。
この日のファイターズは全く良い所なし。
でも、ドームで生で見ているんだなぁと思うと、興奮が収まらなかった。
また行くぞ~



14898273840.jpeg

翌日、お土産をたらふく買って、帰路に付く。
昔々、行きそこなった倶知安のラーメン屋さんが外人で混雑していたので、近くの手打ち蕎麦屋に入る。
あ、倶知安やニセコのスキー場近辺は外人さんの方が多い感じ。
新しい別荘やホテルやペンション郡が立ち並んで昔の面影が無くてビックリ。



14898273650.jpeg

空いていたから入ったけど、ここは蕎麦の有名店である事を思い出した。
いつも混んでいるようだったので、行く事は無いだろうと思っていた店だった。
噂に違わず、手打ちとは思えない歯ごたえ。
香りも味も良い。
値段も値段だったけど、今まで食べた蕎麦の中でナンバーワンだった。



14898274130.jpeg

蕎麦屋から出て田舎道を走っていると、美瑛のような風景が広がる。
雪深いこの地では、農作業の始まりは融雪剤散布のようで、写真と反対側の畑では作業が進んでいた。
この地に比べたら我が家は楽なもんだ。



14898274340.jpeg

帰宅するとチャッピーが離れない。
トイレにまで付いてきて、座ると股の間にズッポリ。
犬みたいだなと笑う。
ちなみにコタローは横になったまま一瞥をくれただけ。



子供達に春休みをと思ったんけど、自分が一番楽しかったという・・・



あ、エスクードはリッター 18km 近く走ってくれた。
たいしたもんだ。







2017.03.18 / Top↑

14889576250.jpeg

ついにこの時期が来たか。
定植が終わり、温度管理に気を使う。



14889667130.jpeg

雪でサイドが開かない時に太陽が出ると、途端にハウス内は40℃近くまで気温が上がってしまう。
まだ降雪があるため、そんな日は雪かきでおおわらわ。



14889572560.jpeg

冬期間は電磁弁に巻いてる凍結防止帯に通電してる。
ところが、15年で初めて電磁弁を凍らせてしまった。
悔しい気持ちで交換作業。



14889572840.jpeg

パット見、なんとも無いように見えたけど、真ん中にヒビが入っていて、灌水すると水がダダ漏れ。



14889574830.jpeg

娘にアウトバックを譲った。
先導して函館まで送った。
無鉄砲なヤツなんで不安もいっぱい。



14889576870.jpeg

その数日後、娘の卒業式に出席。
式後、行きつけの蕎麦屋へ。
腹を満たして、いろんな意味でホッとする。



14889575990.jpeg

エスクード、長距離ばかり走っている事もあって燃費が良い。
満タン法で図ると 15km/L だった。
冬期間なのに、なかなかやるな。



14889573340.jpeg

コタローはジャンプ力が弱い。
自覚しているのか、スパイダーマンになって上を目指している。



14889573780.jpeg

帰郷していた娘の腕に抱かれてヘソ天で寝るコタロー。
太い腕枕が気持ち良いのかな。



14889576510.jpeg

股間で寝るチャッピーと、ハイタッチ。
イェ~イ!







2017.03.08 / Top↑