上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


何気に買ったスキレットが先日の炭焼きで大活躍してくれた。
本当はシーズニングをしなきゃないのに、ぶっつけ本番で使ったものだから、焦げ付いていた。
汚れをなるべくこそげ落として、焼入れする。
冷まして油を塗ってまた焼いてを数回繰り返して、湯を沸かして乾かして、再度油を塗ってシーズニングとした。
次に使うのが楽しみ。




バーグマンの欠点はサイドブレーキが無い事。
傾斜に止める時はとても気を使う。
PCXやアドレスなんかは、後付けの社外品があるのに、バーグマン向けには作って無いのが悲しい。
汎用品を買ってみたけど、使い勝手がどうもイマイチ。

タイラップやオーリングを試してみたけど思わしくない。
かくなる上はと思い立って自作に踏み切った。

木から切り出すか、ステーを加工するかと思っていたけど、ハンガーの針金を使ってみようと閃いた🌟
そこそこ加工し易いし、かといって簡単には変形しないところが良かった。

汎用品を元に2パターン作ってみた。
結果、真ん中の形状が使いやすかったので採用した。




ブレーキを軽く握りながら、親指で押してやると「カチッ」と引っ掛かる。
はずす時は引っ掛かってる先端部を軽く下げると、ブレーキから外れてくれる。
こりゃ良いわい。
仕上げにオーリングをズレ防止にはめた。




その後、ヘルメットの内装を交換。
4年前、ヘルメットと一緒に買っていた物。
頬当ても交換。
あらら、新品はこんなにもクッションが利いていたんだと感動。




そして、シールドも交換。
特に傷が付いていたわけでもないけど、在庫していてもしょうがないので。

本来ならメット自体を買い換えなきゃいけない時期なんだろうなと思いながら😸







スポンサーサイト
2017.05.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。