土曜日、長年お蔵入りしていたA20とサヨナラした。
デジカメのハシリだった、200万画素機。
10年以上前、少ない小遣いを貯めて、やっと手に入れたっけ。
当時で4万円もしたはず。








A20は5年ぐらい使ったけど、マクロ機能が全くだめで、エンツゴの成長を記録するのに向いていなかった。
それに我慢できずに、買ったのが、コンパクトなIXY40。
その小ささに驚いたっけ。
そして、マクロ画像の綺麗さにも。
300万画素だったけど、充分だった。
A4のプリントなんてしないし、電池の持ちも良かった。
だけど、コンデジの宿命、室内などの撮影に弱々。
(今でも活躍中だけど)






先日、ネットサーフィンしていたところ、体育館等での撮影になんとか踏ん張れるコンデジは数種あって、その一つがこいつ。
フィルムカメラ時代からの、キャノンファン。
評価や口コミを見れば見るほど、手に入れたくなり、様々な物欲をかなぐり捨て、A20を下取りに出して、ついに手に入れてしまった。

遠くの街まで買いに行き、夜中に帰宅してから説明書を読むが、マニュアルモードが充実し過ぎていて、む、ムズカスィ~。

スポンサーサイト
2010.02.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/109-6c1f024c