大泉洋が若かりし頃に入らされた水無海浜温泉は恵山をぐるっと迂回して辿りつく。
海浜温泉も行き止まりに存在する。

海の中に温泉が在るなんて、ちょっと感動。
なになに?
時刻表みたいな看板があって、今の時刻は入るのに不適のようだ、残念。
って、思いながらも海に手を入れると、ぬるい感じ。



IMG_2151_ss.jpg

そしてmarukon氏は飛び込んだ。
そして、「ひえっ!」と声を出した。
自分はやめようとしたが、足元から温かいお湯が沸いていると言うので、意を決して入ってみると、やっぱり「ひえっ!」という声を出してしまった。
風にさらされる部分よりは海に浸かっている方がまだマシだけど、決して温かいわけじゃない。
2、3分入っただけでタオルで体を拭きもせず、慌ててフリチンで更衣室に駆け込む中年オヤジ二人組。
乾いた服を着ると、生き帰った心地だ。
やはりmarukon氏とツーリングすると強烈な体験をする事になる(^^)



IMG_2152_ss.jpg

その後は日没も迫っている事から、先を急いで森町のラーメンをすすって小屋まで帰る。
体が冷えているため、カッパを着込んでラーメンを食べたのに、汗が出ないのには驚いた。



IMG_2168_ss.jpg

翌日は、風が異常に強かったため、marukon氏のバイクを軽トラに乗せ、軽トラで大沼を回る。
そして八雲でお別れ。
またなー!

今年中にもう一回ツーリングできないかなぁ
と言うmarukon氏の発言には沈黙で答えたw



IMG_2174_ss.jpg

後にmarukon氏から送られて来た画像。
低空に広がる珍しい虹。
この後、ほとんど雨が降り続いたらしい。

恐るべし雨男パワー!


って言うのが 10月11日~13日の事だった。




スポンサーサイト
2013.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/138-f1c93ae0