親戚に不幸があったため、急遽帯広へ。





台風並みの風が二日に渡って吹き荒れたため、ハウスを確認後に出発。





道東道の山間部には一部シャーベット状の雪が残っている。
二時間程早く出発していたら、事故のために通行止めになっていた。

つーか、山間部に入る前に危なくパトカーに捕まるところだった。
追い越し車線を走行中、後方から凄い勢いで走ってくるパトカーをミラーで確認した瞬間に、パドルシフトでシフトダウンして減速して何気ない感じを演じて走行車線に戻ったところ、パトカーは前の車を捕まえた(≧∇≦)
危ねえ〜!





親戚の家に着くまでにたった五時間半。
高速は偉大だ。
そして余裕の走りをみせてくれるアウトバック、良い車だ。

親戚は既に葬儀場へ行っていた。
おや、窓が少し開いてるじゃないの。
これは危険だ、早く葬儀場に行って報告しなければ。

式場で挨拶を済ませた後、駅前のホテルにチェックイン。
着替えたジジ、ババを式場へ送った後、ホテルの駐車場にアウトバックを置いて歩く。





前日に蕎麦屋を調べていたんだけど、月曜休みが多い。
そして月曜が休日の時は月曜オープン、火曜休みなんだと。
それをチェックしていて、開店してると思って目指した店はなんと閉店。
なんてこったい!





一度ホテルに戻ってフロントで蕎麦屋を聞く。
紹介してもらった店でザルを注文すると、なんと茶蕎麦!
グガーッ!
なんでここまで来て茶蕎麦を食わなきゃならんのだ!
しかもかなり微妙かつ、そこそこの価格。

ガックリして次に行こうと歩き出す。
豚丼を食べるのはあまりに安直で負けた気がしたので、豚揚げ丼が美味いらしい、はげ天という店に行くが休みじゃねーか!





頭に来て、勝ち負けを無視してもう一つの有名どころであるインデアン(インディアンではない)のカレーを食す。
おっ、なかなかパンチのあるカレーじゃないの。
コスパも良くて入って良かった。
(でも、なんか欲求不満)


翌日、式場へ送ってから、柳月のスイートピアガーデンに行って、三方六の耳を手に入れた後、今度こそ美味い蕎麦屋に…と思っていたら、ジジババが急に告別式に出ないから早く旅立とうと言い出す。





ウェ〜ン!
グッバイ、スイートピアガーデン&蕎麦屋さん。
朝早くて、土産も買えずに十勝を後にする。
十勝晴れで、だだっ広い平野が広がり、雪をかぶった遠くの山々が美しい。





三笠まで三時間あまり。
初めてかみさんの親を我が実家に連れて行く。
その前に腹ごしらえでまた蕎麦屋に(^^)
老舗の安定した味だけど、函館の贔屓店に比べたら値段あたいの味ではない。





実家近くの空き地へアウトバックを停める。
この車は都会でも自然の中でも絵になるスタイリングをしてると思う。
もう二世代も型落ちしてるけど、今のアウトバックはアメリカンサイズになってしまって愚鈍な感じを受けるのため、この型が気に入ってる。





しばし歓談の後、また高速に乗って道南を目指す。

札幌ジャンクションのETCを抜けた直後に警察に止められた。
リアシートの同乗者のシートベルトを確認させてとの事。
アウトバックはリアシートのシートベルトが目立たないようで、以前にも止められた事がある。
警察官は「不快な想いをさせてすいません」と謝ったが、自分は「逮捕する!」と嫌味を言った。
相手もなかなか。
「逮捕されちゃった〜」と返して来たので、笑ってさよならした(^^)


途中、有珠山パーキングエリアで休憩した時に夕焼けの景色をパチリ。

高速道路での移動は味気ないけど、だだっ広い北海道を俯瞰できるような気がした。



実は、親戚の開いていた窓から泥棒が入って中を物色した形跡があったとの事。
でも、何も取られてなかったみたい。
あの時、多分、中に犯人が居たと思われる。
我が家のジジは耳が遠いため、自分はかなり大きな声で「こら! この窓、鍵が掛かってねぇで。 これじゃ、泥棒に入られるで。 早く教えね〜と。」と話していたので、泥棒は慌てたと思う。
あの時、窓を開いてカーテンに触れはしたけど、開けはしなかった。
もし、カーテンを開けて、目が合ったりしたらどうなっていたんだろう。
自分は取り押さえる事ができただろうか?

と、まぁ、なんとも話題の多い珍道中だった。






スポンサーサイト
2014.11.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/252-4fd3fcbd