愉快な話ではないので、興味の無い方は見ない事を勧めます。






















胡散臭い商売をするキャリアから脱出すべく、準備を進めて来た。

格安SIM会社と契約するため、ドコモのiPhoneを新たに手に入れた。

脱出タイミングについても熟慮を重ねた。

格安SIM会社にも連絡して、年始にMNPした時のタイムスケジュールも確認した。


そして、満を時して6日に行動を起こした。

 9時  ソフバンからMNP番号取得。
     自動音声対応のお待ちくださいが永遠に流れるとネットで記述があったけど、数分で繋がる。
     三諭吉出すから思いとどまってくれ。
     ポイントも溜まってるのが無駄になるよ。
     とも言われるが、格安SIMに乗り換えれば数ヶ月で元が取れるので、
     「引き留め工作はいいから、番号を教えてくれ」と言う。
     引き留めに金を使えるんなら、そもそもの利用料金を安くしろよ、っての!
     全キャリアに言える事だけど(怒)
     尚、ポイントは使えるけど、解約する人は使えないと書かれている。
     (抜ける何ヶ月前までなら有効なのか不明だけど、調べるのも面倒と思い調べてない)
     (3諭吉は携帯を新しくするためのポイントってイメージ・・・まぁ、面倒な会社ですわ)

 9:23 MNP番号はショートメールで携帯に送られて来る。

 9:44 iijmioに申し込み。
    以前に娘の新携帯分を申し込んでいたので、サクサクと終える。

〜〜〜 ここからが早かった 〜〜〜

 19:00 本人確認完了メールが届く
 21:40 番号停止予告(このメールの到着後、数時間~一日で携帯が不通になるよって内容)


  ネットを見る限り、申し込んでから番号停止メールの到着は2~3日後の様子なのに、当日内とは驚いた。
  iijmioの担当者だって、年始で込んでいるだろうから、かなりかかるであろうと言っていたのに。


8日 
  6:17 SIM発送 & 利用課金開始予定日についてのメール
 昼頃 気が付いたら、携帯は圏外になっていた。

  圏外になるって事は、iijmioとソフバンの間での転出入処理が終わったって事。
  iijmio担当者は24時間交代制なんだろうか、御苦労さまと思う。

 夕方 家のネット環境が使えなくなっている事に気付く。
  長くなるので、下記に。

 
9日
 昼頃 待ちに待ったSIM到着。
  こんな重要な物が宅急便で送られて来るのが格安たる所以なのだろうか。
  かと言って、郵○局もすごいミスをしやがるからな(><)

 家のネット環境が不通になる前に、新たな携帯には必要なアプリを wi-fi 接続で落していた。
 iijmioの設定アプリは必須なので事前に入れておいて正解だった。
 それでなければ無料 wi-fi のポイントまで走らねばならなかった。
 iphoneだと、バックアップを取っておいたicloudからデータをダウンロードする事により、アプリも設定も
 そのまま引き継ぐので、すぐに携帯が使えた。
 


 さて、家の方のネット環境が不通なのが重大

 ・通信料を安くするためにADSLとの抱き合わせであるホワイトBBをしていた
 ・ホワイトBBは紐付いてる携帯の解約と同時に切れる(ソフバンに確認済み)
 ・この地域のNTT局内工事は木曜日と決まっていて、なおかつ、3営業日以上前に予約が必要
 ・ADSLをNTTのフレッツにするためには、ホワイトBBが抜けていないといけない

 以上を前提にすると、

 8日の木曜日に家のネット接続が切れたのは、ソフバンからNTTに依頼があり、通常ならば
 3営業日前でなければ受け付けない工事なのにキャリアの依頼ならば翌日の工事も
 OKするのかと自分をイラっとさせた。

 自分の予想ではMNP日にソフバンから依頼があるとしても翌週の木曜日、15日工事であろうと考えていた。
 よって、22日にNTTにフレッツの工事依頼をしていたところを無理言って、15日に変更してもらった。

 しかし、13日にNTTより、ソフバンが居座っているため、このままでは工事できないとの電話があった。

 もう一度ソフバンに電話する。
 (自動音声対応で、どこに繋げたら、該当の係が出るのかすごく分かり辛い & 待たされる)
  すったもんだがあって、要約すると

 ホワイトBBの解除はシステム的な解除と物理的な解除があるとの事

 MNPのタイミングで我が家のネット環境が繋がらなくなったのは、システム的にソフバンが切ったから。
 物理的にはソフバンからNTTへ工事依頼が上がっていて、工事日は22日であるとの事。
 ホワイトBBは日割りがあるので、早く切ればお客のためにもなるであろうと言わんばかり。


 呆れました。
 ユーザーがその仕組みを理解しないといけないんですかね?
 そして、それはいつ自分にアナウンスしたんですかね?
 だからソフバンだと思われるのがこの担当者も理解できていないようで、乗り替えるって行動を
 起こした時点で、このスケジュールは決まってしまったんです。   だとさ・・・
  
 
 ユーザー側にしてみれば、日割りという名目でシステム的に早く切り、NTTの工事日があるという
 大義名分で居座って、ユーザーの迷惑を知っていてわざと嫌がらせをしているとしか思えない。

 本当にユーザーを考えるのであれば、NTTの工事日に合わせて22日にシステムも切り、かつ、
 家のネット環境も22日で切れるよというアナウンスがあるべきだと思う。

 ~~~ 公平性を鑑みて ~~~
 後日、ADSLの解除日が記載されているハガキが送られて来るとの事(遅せーよ!)。
 そして、モデムはレンタルしてるんだから、送った箱に入れて返してね、故障してたら1.6諭吉没収ね。
 ってな事が書かれているそうな。



20150115130217930.jpg

NTTに電話し、ホワイトBB解除が22日工事であるならば、フレッツ工事は29日で仕方が無いと話す。

光が通っているならそれに乗り換えれば、もしくは、ジイの回線をADSL化すれば良かったのだろう。
しかし、光も通っていないし、ジイに面倒を掛けるならばと最後の手段として
wi-fiルーターの一ヶ月レンタルを申し込んでしまいましたとさ。

最後の最後まで油断できない会社、それが自分の彼の会社に対するイメージです。
みなさんも気を付けて。






スポンサーサイト
2015.01.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/271-caa02f08