外の作業がしたいところなのに暴風雨。
こんな日は温度管理も無いので機械イジリだな(^^)


先日、カブのタイヤのシャフトは抜いてグリスアップしたけど、スイングアームの根元のシャフトの事を忘れていた。
当然そこにも油は塗っていないと思われる。
なんだか、油切れしていると思ったら落ち着かなかい。

オフ車のタイヤ交換の経験はあったので、タイヤのシャフトまでのアクセスは理解しているつもりだったけど、スイングアームのシャフトは触った事が無くて二の足を踏んでいた。




とりあえず仕組みを観察して、安定させた方が良いかと思ってジムニーのジャッキも使ってみた。





先日の経験もあったのでサクサクと進み、無事にシャフトが抜ける。
いや、実際は抜く時に錆で固着したような抵抗があった。
抜き始めはドライバーをシャフトに当てて軽くハンマーで叩きながら。
抜いてビックリ。
サビサビである。
おいおい、こんな部分への注油ぐらい手を抜くなよな…>_<…
持っている錆び取り剤を使ってシャフトを磨いた。





そしてグリスアップ。
悔しさを込めて少し多めに塗ってやった(^^)
シャフトを差し込むのに苦労するかと思ったけど、カブはタイヤが軽いので揺すって位置を決めてやると、すんなり入って行った。
いやぁ、本格的に固着する前にグリスアップ出来て良かった。
これで安心。

組み上げ時のチェーンアジャスターの調整が苦手で何度かやり直したけど、習うより慣れろって事かな。





今回も車載工具が活躍してくれた。
メガネ付きタイヤレバー、良いです。
そして、10mmと12mmのレンチ。
ラチェット機能付きのこやつらが良い仕事をしてくれた(^^)


その後、久しぶりに丁寧にカブを磨いた。
スポークも一本ずつ錆び取り剤を使いながら磨いたけど、綺麗には取れなかった …>_<…

そして、稼働部に注油して完了❗️






スポンサーサイト
2015.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/297-55a7d058