上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

毎年、予備苗としてポットにイチゴの苗を用意しておく。
作の途中で、ある程度は植え替えるんだけど、かなりの数を作の終わりに捨てる事になるので、
その分の棚を作るかという事になった。



20150427182153673.jpg

材料は昔の棚を分解した時の余りで。



20150427182301c73.jpg

排水路も昔使って片付けていた物。
片付けていた事すら忘れて小屋裏にあった(^^)



20150427182553f01.jpg

これまた昔、一度だけ使ってお蔵入りしていた空のプランターを置く。
(入っていた土は数年前に中学校の花壇作りに寄付した)



2015042718243104b.jpg

空のプランターの上に土が入ったプランターをイン!



201504271824523d4.jpg

足りない分だけ新しい土を入れ(冬の土作りで余った土)、給水の立ち上げを古い塩ビ管を繋げて付くって、
灌水チューブを敷いて地温が上がり過ぎないようにマルチング。



20150427182506e86.jpg

その後ポット苗を定植。
手前の6株はホムセンで売っていた名前も聞いた事の無い品種。
良い事が書いてるんで、試験的にやってみようかなと。


後で調べたら、手前の2株は登録名称と別の名前で販売していた。
詐欺商法じゃねーの。
しかも、四季成りイチゴ会の問題児が作った品種じゃないかよ!
タニマチをコロコロ替えて、問題を起こして去って行く、あの先生嫌いなんだよなぁ。
まだ、こんな事やってんのか。
世の中狭いなぁと思った次第。

まぁ、なにはともあれ在庫・中古・リサイクル用品ばかりで作り上げた棚だけど
満足な出来になったとさ(^^)






スポンサーサイト
2015.04.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/302-8d0bf623

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。