今年もツバメが去年と同じ場所に巣を組んだ。
ネットを眺めるに、去年と同じツバメがまた戻って来る確率はゼロに近いとか。
でも、去年の巣立ち後、スズメに落とされた巣と同じ場所にまた巣を組むって事はやはり巣だった子供とかなのかな?





産卵に気付いたのは 6/10。





孵化を確認したのは 6/26。
親鳥が巣に居ない事も度々あったので、今年はうまく孵らないんじゃないかと思っていたけど、一安心(親目線)。





6/29 たった三日でボーボー(^^)





7/1 羽毛が黒っぽくなる。





7/5 体が大きくなり、産毛が無くなって来た。





7/7 たまらず撫でてみる。 そんな事をしてはいけません(^^)





7/9 もう大人と変わらない。
この頃から、親鳥に威嚇されるようになった(^^)





7/9 なんだか騒々しいなと思っていたら二羽巣だってしまった。
そのシーンを見る事が出来ず、残念。





翌日から巣はもぬけの殻。
親鳥が飛び方を教える姿を頻繁に見かける。
なんだかおぼつかない状態で飛んでいた子供達もみるみる腕を上げていく(親目線)。

なぜ我が家のツバメと分かるか?
親鳥は自分の姿を目にすると、「ピピッ!」と言う警戒音と共に頭に向かって滑空して来るから分かるんですね~⤴
衣装を変えても、帽子を被っても分かるみたい。

いやぁ、かなり嫌われたなぁ(>_<)
でも、挨拶だと思って気にしてないけどね(^^)






スポンサーサイト
2015.07.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/319-e8bb7ef8