念願が叶って、ジムニーのレカロにシートヒーターを後付けできた。
ところが、効き始めて20分ぐらい経つと、心地良さから熱さに変って来る。
GG師匠が言った、「カチカチ山」って言葉が頭をグルグル。

熱過ぎるので、シガソケからソケットを抜く。
車から降りてシートが冷たいと、またシガソケにソケットを入れる。
こんなんじゃダメだ。
やっぱり自動化せねば・・・。

用事ついでに信頼のホンダに寄って、ジムニーのシート下に付いている6極カプラー♀の在庫が無いか聞いてみた。
店には置いて無いし、スズキに問い合わせても物が出てくるかどうか・・・と、やる気の無い返答。
探してみてよと宿題にしたけど、こんな部品じゃ金にならないからね~
この田舎だけであって欲しいと思うけど、どの車屋もその手の事は電装屋の仕事であって、ディラーの知った事では無いって雰囲気がある。





これがシート下の6極♀カプラー。

車体から出てる♂カプラーの中の黄色の線がシートヒーターの電源である事はネットで調べて分かっていた。
それから分岐して電源を取るか、はたまた、スイッチが別になっているシガソケを新たに付けて、手動でオンオフするか。
色々考えたけど、今は使っていないんだから純正シートのカプラーを使う事にした。
もし、ジムニーを売る事になった時にまた付け替えたら良い。
まぁ、ホンダがカプラーを見つけてくれたらそれがベストなんだけども・・・



14843783360.jpeg

「切れるなよ」と自分に言い聞かせながら、LEDライトを口に咥え、仕組みを理解する。
精密ドライバーを使ってカエシを抑えて抜くと、素直に抜く事ができた。
(一部力技で抜こうととして傷が付いた端子もあったけど)



14843783700.jpeg

ホムセンで買ったシガソケと、カブのインジケーターを付けた時に余った端子と、引き抜いたカプラーを使って・・・



14843783930.jpeg

♂カプラーの黄色コードに合う位置に端子を付けたコードをIN!
アースは車体に直付けするので裸のまま。



14843784130.jpeg

無事に車体から出でいる♂カプラーと合体!



14843784370.jpeg

アースはシートレールを固定してるボルトと共締め。
これで、シガソケはシートヒーターのスイッチに連動するであろう。




14843784590.jpeg

シガソケと、後付けのシートヒーターのソケットを合体!
エンジンを掛けてシートヒーターのスイッチをオン!
ヒーターが温まるまで、通電してるのかどうか不明だなと思いきや、シガソケにLEDが灯ってるじゃないの。
(携帯で撮ったんだけど、後から色を付けたようなわざとらしい写真になった)

その後、無事にシートヒーターも温まったので、余ったコードをまとめる処理をした。

これで、あまり熱すぎないシートヒーターになると思われるが・・・どうなるかな (^^)
少し乗ってみないと分からないけど、今日はここまで。







スポンサーサイト
2017.01.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/381-d0dbbf8d