冬に向けて休み無しの作業が続く。
北海道の冬季では道内一暖かいこの地でも、先日初氷を迎えた。
来週末にはいよいよ初雪となるのではないだろうか。




先日愚痴っていたホームタンクは資材屋さんを経由し格安で手に入れた。
配管をタンクに接続して、ボイラーに大ダクトと枝ダクトを取り付けて、とりあえず寒さが来ても大丈夫と思っていた。

しかし、いざボイラーに火を灯して試験してみると、ダクトの取り付け方が悪い事と、枝ダクトからの空気の抜けが悪かったため、大ダクトが加熱しすぎて溶けてしまった。




今日は溶けた大ダクトの修正とベットにスカートを取り付けた。
こうして見てみるとベットが完全にビニールで覆われている。
ベットの下にはダクトが走っているため、設定した温度以上寒くなると、ボイラーが温かい空気を送ってくれる仕組み。
二重に覆われたハウス内のさらにこのベット内だけを暖めれば良いため、あまり燃料は炊かないだろうと考えている。




定植後、三週間経った苗の様子。
近付いて見ると若葉が出始めているけれど、パッと見はあまり変化が無い。




だけど、土の中では根をさかんに伸ばしているようで、ハンモックから根が飛び出してきた。
ヨシヨシ、頑張ってるなぁと、実感。


あと一棟分のスカートを履かせれば、とりあえず冬に向けての作業は一段落する。
夏エンツゴの収穫・出荷は残っているけれど・・・。

スポンサーサイト
2007.11.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/50-5bc041ec