先日購入したショウサンタイチッソ測定器。
こんな仰々しいケースに入っていてカッコイイ。




中には測定器の他にジューサーや絞った液を入れるためのキャップやスポイトなんかが入っている。




しかーし、このジューサーが使えない事はなはだしい。
パッと見、アルミでできていてズッシリとして「こりゃギュギュッと絞れるぜ」って感じなのに、噛み合わせが悪いためイチゴの茎を何本入れて絞っても、雫がタチッとも出てこない。
“ムッキー!”と怒って、隣町のホームセンターにニンニク絞り機を買いに行くが、置いていない!
「この田舎はそんな物も置いていないのか!」と火に油。




そして本日、山を隔てた隣町のホー○ックへドライブがてら出撃。
一つだけ置いてあったニンニク絞り機をかみさんが発見。
涙が出そうになりました。
だけど、噛み合わせが悪そうだったので、ワッシャーを一緒に買って大正解。
アルミの絞り機では四、五本もの茎を入れてもだめだったのにニンニク絞り+ワッシャーを使えば一本の茎で事が足り、無事測定完了。
ムゲに葉っぱをむしられたイチゴさん、ごめんなさい。

で、結果は肥料分が不足気味の様子。
複数の検体を見てみないと結果とは言えないんだけどね。




結局、この2つで事が足りる。
“余計な使えない物をくっつけないで安く売れよ!”と心の声。



おまけ。



成長の早いイチゴはこんな姿に。
スポンサーサイト
2008.03.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/65-65496f02