上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


ハウス裏にイチゴの葉っぱを捨てに行くと、足元で蠢く虫を発見。
メタリックブルーに輝くこの虫。
頭部を見るとオオアリに似ていると思ったけど、腹部が全く違う。
初めてこんな虫を見たなぁ、これは写真を撮って子供達に自慢しようと思い、肥料袋に入れてハウスに戻る。
かみさんに「変な虫を見つけた」と言って肥料袋から雑巾の上に落とすと、アレレ? 死んでる?
ってのが、上の写真。




いやいや、昆虫は結構死んだふりをするヤツが多い。
なんともユニークな触角の形。
ジッと見ていると、ムックリ起き上がってスタコラサッサと走り出す。
ボッテリした腹部のくせに、これが結構早い。
「ニャロ、ピントが合わねぇ!」などと写真を撮るのに夢中になってたら、かみさんがプラスチックコップを持ってくる。
ナイスフォロー。
撮影後、ハウス横の地面へ逃がした。
「雪が融けたばっかりなのに元気に出てきて、頑張れよ」ってな気持ちも多少あったり。




家に帰って、ネットで調べてみるとこの虫のすごさにオドロク!
名前は多分“ムラサキツチハンミョウ”


生態は以下のとおり(gooのウィキペディアより抜粋 http://wpedia.search.goo.ne.jp/)

**********************************
全身は紺色の金属光沢があり、腹部は大きくてやわらかく前翅からはみ出す。
触ると死んだ振り(偽死)をして、この時に脚の関節から黄色い液体を分泌する。この液には毒成分カンタリジンが含まれ、弱い皮膚につけば水膨れを生じる。昆虫体にもその成分が含まれる。同じ科のマメハンミョウもカンタリジンを持ち、その毒は忍者も利用した。中国では暗殺用に用いられたともいわれる。

ハナバチ類の巣に寄生して成長する。
雌は地中に数千個の卵を産むが、これは昆虫にしては非常に多い産卵数である。孵化した一齢幼虫は細長い体によく発達した脚を持ち、草によじ登って花の中に潜り込む。花に何らかの昆虫が訪れるとその体に乗り移るが、それがハナバチの雌であれば、ハチが巣作りをし、蜜と花粉を集め、産卵する時に巣への侵入を果たすことができる。

ハナバチに乗り移れなかったものやハナバチ以外の昆虫に乗り移ったものは死ぬしかない。成虫がたくさんの卵を産むのも、ハナバチの巣に辿りつく幼虫を増やすためである。

ハナバチの巣に辿りついた1齢幼虫は、脱皮するとイモムシのような形態となる。ハナバチの卵や蜜、花粉を食べて成長するが、成長の途中で一時的に蛹のように変化し、動かない時期がある。この時期は擬蛹(ぎよう)と呼ばれる。擬蛹は一旦イモムシ型の幼虫に戻ったあと、本当に蛹になる。

甲虫類の幼虫は成長の過程で外見が大きく変わらないが、ツチハンミョウでは同じ幼虫でも成長につれて外見が変化する。通常の完全変態よりも多くの段階を経るという意味で「過変態」と呼ばれる。このような特異な生活史はファーブルの「昆虫記」にも紹介されている。
**********************************


変なヤツ。
素手で触らなくて良かったとホッとするが、よく考えたらミツバチの巣に寄生してしまう可能性だって多々あるジャン!!
可愛そうだけど、踏み潰せば良かったかも?

スポンサーサイト
2008.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/69-b1e3af08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。