出てきた出てきた山オヤジ~笹の葉かついでシャケ背負って~♪
なんて鼻歌が出そう。
収穫しながらカゴに並べると、すっごい香気なんですわ。
ハウスに入っただけで匂うぐらいだから、これだけ集まるとプ~ンと漂います。
そして、今は大粒が取れているので、収穫カゴは重い重い。




一パックは大体300グラムだから、4Lサイズのイチゴでは8粒でいっぱい。




その上の5Lもあり、ウハウハ。
一口では食べられません。




既存のパックだと二段詰めになって、どうしても痛みが出るために、バイヤーから「もったいないから平詰めにならないか」との声が出る。

自分の中では去年から構想はあったのだけど、いよいよ重い腰を上げて動き始めた。
ネットで調べたパック屋さんに片っ端から声を掛けてサンプル&見積もりをもらい、ラッピングも既存より大きいため、別の業者に探してもらう。
スポンジはこの大きさじゃ大き過ぎか?
やっぱりオリジナルシールは必須だろうと、シールも検討してもらう等々。

動き始めたら止まらないこの性格。
対応する業者さんも大変だろうなぁ、と思いながらも大粒のイチゴが出るのは5月いっぱいぐらいなので、できるだけ早くオリジナルのイチゴを出荷しようと、躍起になっている。

スポンサーサイト
2008.04.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/72-088e6541