満を持して我が家の平パックが登場。
(この絵はサンプル品で、本物は白箱)

写真では伝わりきれないなぁ。
白いフタを開けると、白い箱の中に整然とイチゴが並んでいる。
この品種はとても果形が綺麗で、色もどぎつくなくて好まれる。
味は賛否の分かれるところだけど、サッパリした食感で評判は良い。

昨日、ツテを頼り、玉砕覚悟で某高級フルーツ店にお邪魔した。
若い、穏やかな店長に好感を持つ。
箱を結んでいた紐を取り去って、蓋をしたままの白箱を店長に渡す。
店長に開けて欲しかった。
イチゴを知っている者ならば、蓋を開けた時に必ず感動を覚えるはず。

店長の表情に夫婦で注目していた。
箱の中を見た店長の目が心持ち開き、口が「オーッ!」という感じに開く。
“シテヤッタリ!” 心の中でガッツポーズ。

ラップを剥がし、一粒味見していただく。
先を一口味見しただけで、全てを食べないところに“プロ”を感じる。
「うん、美味しいです。」の一言。
しばらく間があった後、
「このイチゴならば、1XX0円で売れる」と言い放つ店長。
う、嘘だろ?
トレイに並んだ高級イチゴはネットショップで見た事あるけど、パック詰めでそんな金額、見た事も聞いた事もないぞ。
夫婦で動揺し、口から泡を吹きそうになる。
それから話はトントン拍子。

店を後にした我が家族は夜の街で「ヤッター!」と大騒ぎ。
舞い上がって、ドンキーでささやかな祝杯代わりの夕餉。
ティラミスパフェが好きなんです。

出荷量は少ないと言えども、自分の生産物がここまで評価されるとは怖いぐらいだ。
益々気が抜けなくなる。
嬉しい様な、「まだそこまでの値じゃないのに」と言い訳したくなるような複雑な心境。




今はとても調子が良い我が家のイチゴ達。
第二果房が垂れてきた。
あまり大きな波がない、コンスタントな収穫が続きそう。
このまま大きなミスをする事無く、病気も害虫も付かないでいて欲しいものだ。



スポンサーサイト
2008.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/74-49e2f43d