雪山を疾駆しているあの感覚を思い出すと、家族の冷たい目も気にならなくなる(一瞬だけ)わけで。
息子の行事にはジジ・ババを送り、ハウスはかみさん任せ(当然、快晴)。




ま、自分だけではなく、下は20代前半から上は57歳まで似たような同士がホームゲレンデ入り口に続々と集合してくるわけで。
みんな嬉々とした顔をして、まるでガキンチョ。
ウエアを新調したとか、この部品がガタきているだとか、走り出す前の興奮を抑えきれずにハイテンションになっている。




林道からアップダウンの激しい木ワラを抜けて、広大なフィールドへ。
一旦、荷物を置いたら、「オリャー!」と走り出す。
あんなとこや・・・




こんな急斜面で、木に引っかかったり、埋まったり、刺さったり、転がったりして大騒ぎ。


元気の良い47歳 ジャンプ親父
 ← クリック!!





昼食後、後片付けして帰りがてらまた違うフィールドへ。
ながーい沢を気合を入れて登ると、広大な台地が。
うーん、気持ちイイ~。




さぁ、みんなで集合!

今シーズンは今回が最後の参加かなぁ。
エンツゴは花が咲いている状態だし、いつまでも農閑期モードじゃだめだよなぁ。
ううっ、寂しいよ。













おまけ



今までより大きな機械を借りて付いて行った自分。
斜面を駆け上がるパワーたるや、別物。

調子に乗ってヒルクライムしたら、機械が上から落ちてきたり、ジャンプしたら、突き刺さりそうになって投げ出され、軽く機械に轢かれたり。
その他モロモロで弁慶を強打する事3,4回。

恐る恐るズボンを脱ぐと、あらら、スネにもフクラハギがある状態。
歩けるって事は折れちゃいないよなぁ。
一日経った今日は、痛みもあまりありませぬ。

スポンサーサイト
2009.03.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://entugocub.blog.fc2.com/tb.php/93-048e007f