3日と4日は用事が無く、しかも天気が良い予報だった。
悪友に冗談半分で「羊蹄山で待つ」とLINEすると、それが現実になってしまった😸
(悪友はその後、青森に渡る予定)


GWの道南は桜を求めて全道各地から人が集まる。
道路の混雑が分からなかったため、少し早めに家を出た。




途中で腹痛が襲って来たため、キャンプ場のトイレに駆け込む。
危なかった。
パンツを替えるために泣きながら家に帰るところだった😸
トイレから出ると爽やかな朝のキャンプ場の景色があった。




峠道を軽快なペースで走った。
まだリアタイヤの挙動に慣れないけど、滑らない安心感はある。

峠を降りて、普段は走らない農道を進む。
ありゃ!
こんな場所から既に羊蹄山が見えるとは!
今日は幸先が良いと感じた。




ニセコに近付くといよいよ羊蹄山がクッキリ。
あまりに奇麗に見えるものだから、いつもの場所につく前に停車してパチリ。




そして、いつもの場所に停めてパチリ。
犬を連れたジムニー乗りの空気を読めないオッサンが映り込むので、少しアップ気味に撮ってみた。




これはあまり行かない西側からの羊蹄山。
こっちから見ると少し形が悪いかも。

悪友のマルコン氏の到着までには時間があるだろうと踏んで、ゆっくりゆっくり回っていたら、合流地点に着いたと連絡が入る。




少し慌てて走っていたけど、こんな姿を見せられたら停まるしかない。
今回のベストショット。




そして、京極町の道の駅で
無事合流。
しか〜し!
一筋縄ではいかないのがマルコン氏。
いつもなら豪雨をもたらすのに、この晴天はありえない。
やっぱり彼は持っていた。
フロントタイヤから空気漏れ。
ここから近いバイク屋は小樽だな、って事で連絡して修理可能を確認してから走り出す。




結果、チューブのエアバルブ付近がが裂けていた事による空気漏れ。
うえ〜ん、良かったよ〜!
合致するチューブも合ったので、助かった。




午後1時に小樽を出発して余市経由で羊蹄の麓に戻る。
余市が混んでいたため、時間がかかった。
食事処も混んでいたため、コンビニ飯で済ませた。
約4時間のロス。




走りたかった道には行けず、最短距離を走って、なんとか陽の沈む前に帰宅出来た。
この男がマルコン氏。
ちゃんとメンテしておけよ!

慌ただしく走った峠で新しいリアタイヤとの付き合い方が分かった気がした。
バーグマンへの信頼感が増した。
何十年ぶりかで『乗れてる感』を味わった。

当初、360km程度の走行距離だと思っていたんだけど、480kmも走る事になった。
若い頃でもこんなに走った事があったかな?
バーグマンだからこそ出来たと思った。




ジムニーに乗り換えて温泉に入り、我が小屋で焼肉。
これが美味かった。
親戚からいただいたアスパラや地産の舞茸も格別だった。
日が変わるまで色んな事を話して眠りに付いた。




翌日、函館のフェリーターミナルまで道案内。
途中、北斗市のきじひき高原に立ち寄る。
最高の天気。
最高の眺望。
函館山の向こうに青森が見えた。




駒ケ岳方面を写すマルコン氏。
駒ケ岳の麓には大沼公園。
駒ケ岳の左にはうっすらと羊蹄山。
へぇ〜!
天気が良いと羊蹄まで見えるなんて知らなかった!




展望ラウンジみたいな小奇麗な建物が出来ていてビックリ。
トイレも奇麗だった。
知られてないんだろうね。
GWと言うのに数えられるぐらいの客しか居なかった。




その後、フェリーターミナルまで走って乗船まで休憩した後、少し遠回りして帰宅した。
メーターは650kmを指していた。
リアタイヤを替えた事によってマイナス6%ぐらいの表示になるらしいので、2日で690kmか。
お腹いっぱいだ😣

ちなみにマルコン氏は東北を南下している様子だ。
「何かあったら軽トラでレスキューを頼む」とか言ってたけど、知るか!😸😸😸







2017.05.05 / Top↑


やはりリアボックスは必要だと痛感し、狙っていたSHAD40をポチッとな。




ベースとボックスが一体となって届いたんだけど、外し方が分からない。
説明書は日本語じゃないし😣
なんとか外して、先に付けていたキャリアと合体。
穴がSHADに合うように開いているので助かった。




おっ!
スクーターにリアボックスはどうなんだろうか?
と思っていたんだけど、なかなか似合うじゃないの。




早速、散歩に出かける。
途中で外れてないよなと、何度も振り返る。
段差を走るとガタつくので、スポンジを噛ませた。
やっぱりバイクから降りた時にメットとグローブを放り込む場所があるのは、便利この上ない。




そして、新たなチャレンジ。



純正の、このいかにも滑りやすそうなタイヤを交換した。
信頼のホンダで替えてもらう。




その間、かもめ島を散策。
なんと、歴史の浅い北海道と言えども 1615年にはこの島に厳島神社が建立されていたと言うから驚いた。
(今頃知ったのかよ!)





そして、交換したタイヤがこれ。
軽自動車用のグッドイヤーGT080。
バーグマンユーザーの間で有名な方が実験して効果が出ているタイヤ。

グリップが良い。
滑らない。
ブレーキの効きが良くなる。
2万km走っても減らない。
と、良い事づくめ。

ただ、曲がり始めにグニャっとする感覚に馴染めるかどうからしい。
交換後走ってみたところ、確かにハードブレーキングしてもほとんど鳴かない。
ブレーキの効きが良い。
段差の突き上げが弱いので乗り心地が良い。
コーナーのグンニャリ感は確かにあるけど、怖い感じじゃない。
マッタ〜リ、マッタ〜リって感じでアクセルと体重移動をしてあげたらこのタイヤに合う気がする。

よし!
これでコーナーリング時の不安感が払拭されたぞ。







2017.05.04 / Top↑

晴天の中、朝から作業して一服までに終えた。
かみさんは分かっていたらしく「走りに行ってくれば?」との事。
ありがたく、速攻で着替えをすませてバーグマンに跨がる。
上はエアバッグジャケット、下は先日バージョンアップしたジーンズで。




日本海側の我が家から峠を越えて内浦湾側へ。
向かう方向に道南の有峰・駒ケ岳が見える。




海の向こうには羊蹄山がクッキリ。
肉眼ではもっと大きく見えた。




森町では落ち着けそうな場所が無かったので、佐原町の道の駅まで走る。
道も家も新しく、整っている感じがする。
なんだか創られた『箱庭』ってイメージの町。




コンビニで昼食を買って、登山道入り口方面に向かってみる。
初めて走る道は楽しい。
段々と砂利や浮き砂が路肩に見え始め、怪しい雰囲気になって来たため、少し引き返して駒ケ岳の麓を走る道を東進した。
カブの方がこんな道は楽しめるだろうなぁ。
東屋のある公園がありそうだなと思っていたんだけど、無かったために先を急ぐ事にした。




鹿部町から大沼公園方面に進路を変える。
途中、風景が開けたので止まってパチリ。
バイクから降りる度にエアバッグジャケットとバイクが繋がっている事を忘れてコードがピーンと張ってしまう。
危ない危ない。
勢い良く降りてエアバッグが作動なんて事になったら恥ずかし過ぎる😣




大沼に近付いた所から駒ケ岳をパチリ。
なかなか昼食ポイントが無い。




もう、ここで良いやと思ってバイクを降りた場所は天皇陛下も立たれた場所なのだろうと思われる石碑があった。

ここでコンビニ飯を食べようと思ったら、割り箸が入ってね〜!
非常食(デザート)に草大福を買っていて良かった。
野菜ジュースと大福で空腹を満たす。




晴天の元、気持ち良く走っていたのに向かう先に嫌らしい雲が。
来た道を引き返すのは嫌だったので、進む事にした。
峠ではパラパラ降られたけど、道が湿るほどの雨でも無かったので助かった。




無事に帰宅して、2200kmで2回目のオイル交換。
今回はフィルターも替えた。
フィルターを替える時にはパッキンも変えなきゃならないみたいだけど、その知識が無かったため、使い回し😣

オイルも新しくなり、気持ち良くツーリングを終えた。
バーグマンは日常にもツーリングにも使える良いバイクだと改めて感じた。







2017.04.29 / Top↑
5年以上前にネットで買った エドウィンの防風ストレッチジーンズ(膝パッドは無し)。
表示は普段履くサイズなのに、ツーサイズ近く大きい。
自分でもダブダブ。
でも、性能が良いためジャストサイズを買い直して、それは今でも履いている。

ここんところ、どんなパンツが一番使い勝手が良いのか、考えていた。
昨年落札したオーバーパンツは本当に寒い時用って感じで、しかも裾が長~いため、歩くには適さない。



14928552130.jpeg

オーバーパンツの性能は良いため、同じ ラフ&ロード のウインドストッパールーズフィットジーンズなる物を買ってみた。
駄菓子菓子(またかよ)!
全然、ルーズじゃねーじゃん!
ウエストは緩められるけど、太腿パッツン。
こりゃあ、どっかで売らないとだめだわ・・・・・



14928553570.jpeg

ダブダブで履かなくなっていたエドウィンを引っ張り出して来た。
ジャージの上からでも履ける。
これを春と秋のオーバーパンツにしたらどうかと考えた。

足りないのは膝パッド。
それを何かで代用出来ないかと考えてホムセンをうろつくと、農作業用の膝パッドが売っていた。
柔らかさと強さがちょうど良い感じ。
適度な大きさの布と裾上げテープも買う。

かみさんに縫ってとも言えず・・・というか、自分でやってみたくて、何十年ぶりかで裁縫する。
サイド部分は手縫いで。



14928553320.jpeg

実際に装着するのはこの向きで。
ベルクロは切らずにそのまま。



14928554450.jpeg

これが袋の上下を裾上げテープで貼り付けた完成形。
ようやった、自分!



14928613870.jpeg

出っ張り感はあるけど、膝への当たりは柔らかい。
バイクに乗る時は膝を曲げるので、乗車時に合わせて位置決めした。
でも、歩くのも苦にならない。



14928614060.jpeg

膝部分に厚みが取られるため、長過ぎた裾が丁度よい長さになった。
これは良い仕事をした。
こいつとエアバックジャケットをバーグマンの床下収納に入れておけば、好きな時に気軽に旅立てるぞ。

バンザイ ヽ(´∀`)ノ






2017.04.25 / Top↑

ついにポチってしまった、エアバックジャケット。
ヤフオクに破格で出ていた 5L サイズ。
多分、自分に合うのは 3L。
大きいのは分かっていたけど、3L との違いは太さみたいなので、ウエストベルトを締めれば良いかと思った。



14923338660.jpeg

はるばる九州から送られて来た。
ダンボールから取り出すと、重っ!!!
ゴールドウィンも重いと感じたけど、それ以上のズッシリ感。
まぁ、着れば気にはならないんだけど。



14923338880.jpeg

着脱できるインナーも付いている。
インナーを取って着てみたけど、重さはほとんど変わらない。

ウエストベルトを締めてもかなりゆったりしてる。
バイクウエアはピッタリしてる方が風に煽られないから疲れない。
とか言うけど、そもそもバーグマンもカブも風防の効果で風を受けない。
そして、このウエアはゴワゴワな生地なので、ゆったりしていてもバタつかない。



14923339010.jpeg

これがキモのボンベ。
ここから伸びるコードをバイクと結ぶ。



14923339270.jpeg

ワイヤーはハンドルに結んでみた。
スタンディング程度では外れてエアバックは展開しないらしいので、ここで良しとした。
こけてバイクから体が離れてピンが抜けると、エアバッグが膨らむという仕様。

いい歳になった事だし、少し安全装備にも気を使おうかなと思った次第。

まずは安全運転が大前提。




【追記】




床下収納にジャケットを入れてみたら、ミッチミチ!
オーバーパンツも雨具も入れようがない😣







2017.04.16 / Top↑